記事一覧

ティファニー×大人の人気腕時計2選!


ティファニーは時計も人気が高い!

女性なら誰もが知るアメリカのジュエリーブランド。
経験や思想が、その人の魅力として強く表れる大人世代……。年齢に関係なく大切にしたい女性らしさも、ただ一辺倒のフェミニンさではなく、意思を感じさせる1本がティファニーには存在します。
タグ・ホイヤー(TAGHeuer) モデル一覧

ティファニー 1837 メイカーズ

「ティファニー 1837 メイカーズ」はグラフィカルなTモチーフを、それとは思わせないほどに昇華させ、モダンなスタイルに仕上げた時計。心地よいリズムのような独特のギヨシェ彫りが施され、端正な手もとのおしゃれを完成させてくれます。


ティファニー カクテル ウォッチ

印象的なオーバルケースを飾る、ブリリアントカットのダイヤモンドの煌めきもタイムレス。眺めるたびにその輝きに心満たされ高揚する、ジュエリーウォッチ「ティファニー カクテル ウォッチ」。
女性の本質に響くその魅力は、時代を経ても変わることのないマスターピースです。

ロレックス×一生もの腕時計2選


常に最高峰であり続ける、信頼度No.1の機構とブランド力

多くの一生物時計は高度な技術により堅牢で壊れにくくつくられているけれど、中でも『ロレックス』は最も信頼を得る時計ブランドのひとつ。
腕時計の開発・デザイン・製造など、あらゆる工程を自社工場で行う「マニュファクチュール」の中でも最大規模のひとつとして知られ、絶大な信頼を誇っています。

オイスター パーペチュアル 34

世界初の防水腕時計として発表されたことでも有名な『オイスター パーペチュアル』。水深100mまでの防水性能が保証されている「オイスターケース」に、独自開発の高精度ムーブメントを組み合わせた、ブランドの堅牢性を代表するモデルです。

シンプルで実用的な時計なので、女性が選ぶならカラーのフェイスなど少し茶目っ気のあるデザインでもOK。

レディ デイトジャスト 28

独自の日付表示・防水ケース・自動巻き機構をもつ画期的な「デイトジャスト(1945年発表)」は、過酷な環境でも機能性とエレガンスな美しさを保つロレックスの代表作。ゴールドは1000度以上で溶解、門外不出の製法で作られており、淡い色身が美しく保たれるエバーローズゴールドもそのひとつ。航空宇宙産業にも使われるスチールと組み合わせたコンビ仕様で、その調和も計算されているのです。

スタイルある大人の女性の、アクセントジュエリーウォッチを提案


「シチズン エル」はさりげない遊び心とタイムレスな美しさを備え、ジュエリー感覚で楽しめるデザインが魅力。オフィスでも華やかな場面でも洒落た手もとにしてくれる、大人に嬉しいウォッチブランドです。
 
そして全てのウォッチに光があれば動き続けるエコ・ドライブ機能を搭載。エシカルなモノ作りも共感を呼んでいます。

【1位】EM0338シリーズ 

どんなシーンにもマッチする人気の定番モデルは、太陽からインスパイアされた繊細なパターンを描いた文字盤が華やかさを演出。
スタイリッシュなシルバーのウォッチは、ジャケットスタイルに知的なエレガントをプラス。大人のデイリーに◎

【2位】EM0608シリーズ 

ブレスレット感覚でまとえる大人のミニマルウォッチ。月明かりサファイアガラスのスモーキーなフェイスと、きらめくブレスレットとの対比が美しい。
手持ちのブレスレットとの重ねづけもサマに。

【3位】EM0476シリーズ 
ミニマルな美しさの中にエレガンスが薫る、普遍的な美しさを追求したウォッチ。淡いピンクカラーの白蝶貝が愛らしいコンビ、モダンなブラウン×イエローゴールドカラーの2種類展開。

“星空”文字盤が隠れたシークレットウォッチ


ショーメのプレシャスジュエリー「エピ ドゥ ブレ」コレクションより、“麦の穂”をモチーフにした新作シークレットウォッチが登場。“麦の穂”のカバーをスライドさせると“夜空”を思わすアベンチュリンのダイアルが顔をのぞかせるロマンティックなデザインで、“時を告げるジュエリー”という名に相応しいラグジュアリーな逸品だ。
グッチ 時計

ミズノの1995年発売シューズ「コンテンダー」を復刻

ミズノ(MIZUNO)のカゾクプロジェクト(KAZOKU PJ)から、トゥエンティーフォーカラッツ(24KARATS)とミタスニーカーズ(mita sneakers)とのトリプルコラボレーションによるスニーカーが登場。2021年4月24日(土)より発売される。

カゾクプロジェクトは、ミズノが作ってきたスポーツシューズを厳選し、各国のスニーカーコミュニティとのコラボレーションを行いながら、現代的なスニーカーとして復活させる試み。今回のコラボレーションスニーカーのベースとなるのは、1995年発売のランニングシューズ「コンテンダー(CONTENDER)」だ。

ミニ ベニュワール ウォッチ


3代目ルイ・カルティエにより、1912年にデザインされた「ベニュワール」。フランス語でバスタブを意味する名の通り、オーバル形が印象的。
細身ストラップとのバランスもよい完璧なフォルムは、やわらかさと強さを併せ持ち、目にするだけで心地よいほど上品。ローマンインデックスとバトン針のみのシンプルな作りながら、フェミニンウォッチの代表格として存在感を放ちます。

プルミエール


シャネルの時計部門が初めて発表した時計として1987年に誕生し、今ではブランドアイコンのひとつにもなっている定番モデル。
やわらかい輝きを放つマザー・オブ・パールのフェイスに、優美な曲線の連なったブレスレット。ただ“時間を見る”だけでなく、ジュエリーのような感覚で身につけられ、女心がくすぐられるデザインとなっています。直線的でありながら、女性らしい印象を与える八角形のケースは、香水「シャネルNo.5」のボトルストッパーから着想を得たもの。

ケイト・スペード、“桜”咲く限定バッグ&小物「チェリーブロッサム」コレクション

ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)は、桜をモチーフにした「チェリーブロッサム」コレクションを2020年2月26日(水)より発売する。

ケイト・スペード ニューヨークから、春の到来を告げる新作が登場。「チェリーブロッサム」コレクションには、手に取るだけで春のお出かけが楽しくなる全9型のアイテムを揃えている。

クリエイティブディレクターの二コラ・グラスが訪れるたびインスピレーションを受ける“桜”からインスパイアされたデザインは、ひとつひとつの花を様々な濃淡のピンクでよりカラフルに、そしてプレイフルに表現している。サッチェルバッグは、ライニングにそのフラワープリントを配した2型で展開。表面はチュチュピンクやブラック(日本限定カラー)の主張しすぎない色合いなので、カジュアルシーンだけでなく、通勤バッグとして使用できるのも嬉しい。

また、同じプリントを採用した小物類にも注目。ウォレットやiPhoneケース、コスメポーチ、キーホルダーなどには、その全面に花のプリントをあしらった。もうすぐ訪れるホワイトデーの贈り物にもぴったりの華やかなデザインとなっている。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ